診療案内

MEDICAL

スポーツ障害

当院のスポーツ障害の治療について

当院では、スポーツによって起こるさまざまな外傷や炎症に対しての治療に力を入れています。
スポーツによる痛みの症状には様々な原因があり、その根本的な原因を考慮し、改善していく必要性があります。

例えば、肘が痛いからと言って、肘に肘に原因があるばかりではなく、足の筋力が弱かったり、体が硬いことからフォームがくずれ、それが誘因となって痛みが発生する場合もあります。
当院には理学療法士が多数在籍しており、部位の痛み治療だけでなく、全身のコンディションをチェックし、フォームの指導なども行い、スポーツへの復帰を全面的にサポートする体制を整えています。

代表的な疾患

野球肩、インピンジメント症候群、肩関節唇損傷、肩関節前方不安定症など

よくある誘因

(共通)
スポーツによるオーバーユース、肩の柔軟性低下、上肢の筋力低下、フォームが良くない
(肩関節唇損傷、肩関節前方不安定症)
外傷で、肩をひねる・脱臼した経験がある

代表的な疾患

内側側副靭帯損傷(内側型の野球肘)、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(外側型の野球肘)、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

よくある誘因

(共通)
オーバーユース、肩・肘の柔軟性低下、上肢の筋力低下、フォームが良くない

代表的な疾患

オスグッドシュラッター病、ジャンパー膝、半月板損傷、靭帯損傷など

よくある誘因

オーバーユース、下肢の柔軟性・筋力低下、バランス能力の低下

足首

代表的な疾患

足関節捻挫

よくある誘因

足を捻ったを参照

代表的な疾患

筋筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症など

よくある誘因

オーバーユース、お腹や背中の筋力低下、下肢の柔軟性低下

下腿

代表的な疾患

シンスプリント、アキレス腱炎、アキレス腱断裂など

よくある誘因

オーバーユース、下肢の柔軟性・筋力低下、バランス能力の低下

代表的な疾患

外反偏平足、外脛骨障害、足底筋膜炎、踵骨骨端炎、種子骨障害など

よくある誘因

足の形(アーチの低下)、オーバーユース、靴が合っていない

手・指

代表的な疾患

突き指、骨折など

よくある誘因

ボールや人など外的な力
0536-22-0372