診療案内

MEDICAL

肩が痛い

肩に痛みをきたす疾患

  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 腱板損傷(断裂)

肩関節周囲炎(五十肩)

症状

髪を整えたり、服を着替えることが不自由になることがあります。
夜中にズキズキ痛み、ときに眠れないほどになることもあります。

要因

発症のプロセスはいまだ明らかではありませんが、肩周囲の筋肉や腱、靭帯などの組織が加齢などにより炎症を生じたり、カルシウムが沈着したりことが要因と考えられています。

治療方法

痛み、日常生活動作の障害など症状が強い場合には、消炎鎮痛剤・湿布の処方の他に、関節内注射を行います。
また、肩の動きが悪くなりそうな場合には、肩の動きを良くするためにリハビリを行います。

腱板損傷(断裂)

症状

肩関節周囲炎と同様に、動かした時や夜間の痛みが生じることがあります。
腕を上げるときに力が入らない、「コリッ」という軋轢音がするという場合もあります。

要因

明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で、断裂が起きます。男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが要因となっていることが多いとされています。

治療方法

腱板断裂があっても痛みがある場合とない場合があります。
痛みがあれば痛みの改善を図り、その後、肩の動きを良くしたり、筋力をつけるためのリハビリを行います。
0536-22-0372