診療案内

MEDICAL

足を捻った

捻挫について

症状

外くるぶしの前や下に痛みや腫れが生じて、押さえても痛みがあります。

要因


スポーツ、歩行時につまずいたりして受傷します。
足関節(足首)捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻って生じます。

捻挫の重症度


  • Ⅰ度:靱帯のすこしの損傷があるが、いわゆるちょっとひねった程度。当日もしくは2~3日でスポーツへの復帰が可能。
  • Ⅱ度:靱帯の部分断裂がおきており、圧痛、腫脹が強い状態。スポーツへの復帰まで2~3週間かかる。装具やテーピング、副木による固定が必要となる。
  • Ⅲ度:完全に靱帯断裂している状態。圧痛、腫脹、熱感、皮下出血が強い。スポーツへの復帰に1~2ヵ月を要します。医療機関での治療、断裂靱帯の縫合手術が必要。

このように、捻挫と言ってひとくくりにせず、それぞれの重症度に合った、治療方法を選択していく必要があります。
また、骨折である可能性もあるため、医師のもとで画像検査(レントゲンやエコー)などを行うことが大切です。

治療方法

受傷してすぐはRICE処置(※)をすることが大切です。固定期間はさまざまですが、2~3週間に及ぶこともあります。炎症が落ち着いてきたら、足首の動きを良くしたり、筋力をつけるためのリハビリを行います。

※RICE処置とは?
RICE療法とは(Rest:安静、Icing:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上)を意味します。
R(安静):局所を動かさないように固定します
I(冷却):氷嚢などで冷やします(冷湿布はあまり効果はありません)
C(圧迫):弾性包帯などで圧迫します(きつく締めすぎないでください)
E(挙上):脚を心臓の位置より高く挙げます

固定期間は、重症度によって様々ですが、長期間固定を続けると足首が硬くなってしまうことがありますので固定は必要最小限にとどめます。
固定後に、関節が固くなっていたり、筋力が低下している場合はリハビリを行います。
0536-22-0372